妊娠中の卵を食べることの利点

一般に、私たちは皆、卵が健康に良いことを知っています。 それらは、タンパク質、脂肪、特定の重要なミネラルが豊富な重要な栄養素のパックであり、スーパーフードになります。 妊娠中は、食事に含める必要がある特定の健康食品があります。

卵に含まれる重要な栄養素には、セレン、亜鉛、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、リン、そして最も重要な鉄が含まれます。 卵にはビタミンA、D、B複合体も含まれています。 卵は妊娠中の女性のほとんどにとって本当に健康的な選択肢ですが、そこには、まだ卵を拾うことにかなり注意する必要があります、あなたは食べたいです。

妊娠中に卵を食べる:

この記事は、妊娠中に卵を食べるべきかどうか、いつ食べないかについての助けと情報を必要とする人々にとって本当に役立つでしょう。 詳細については以下をお読みください。

妊娠中に卵を食べることに関する健康上の利点と栄養上の事実。

タンパク質:

卵は非常に豊富なタンパク質源であり、妊娠の重要な月の間に必須と考えられています。 赤ちゃんが成長と発達のために栄養を必要とするのは、これらの月の間です。 タンパク質は、成長中の赤ちゃんの細胞のまさに構成要素です。 ですから、あなたが期待している間に、一日に1つか2つの卵を持つことは、あなたと胎児にとって実際に良いことです。

脳と神経の発達:

適切な神経発達のためには、マルチビタミンが豊富な食物とミネラルをたくさん食べる必要があります。 卵が豊富な2つの重要な栄養素は、たまたまコリンとオメガ3脂肪酸です。 これらの両方は、胎児の神経管欠損の発生を防ぐのに役立ちます。 また、妊娠中に定期的に卵を食べると、赤ちゃんの記憶が鮮明になると期待できます。

バランスの取れた食事:

妊娠前であれば、コレステロール値は制御されており、脂質プロファイルは良好です。妊娠中に卵を1つか2つ食べるのは本当に良いことです。 これにより、エネルギーが高く、飽和脂肪レベルが低いバランスの取れた食事を確実に摂取できます。 ただし、コレステロール値が高い場合は、卵黄を避けるのが最善です。

カロリー:

妊娠中、すべての女性は、特定の日に平均して食べるよりも200カロリーと300カロリー近いカロリーを必要とします。 これは、エネルギー不足を防ぐのに役立ち、あなたの体はあなたの体の増加したエネルギー要件に効率的に適応することができます。 1個の卵には大体、約70カロリーが含まれており、1日の要件を満たすのに健康的です。

妊娠中に卵を食べる際の注意事項:

  • 妊娠中に卵を食べることを選択した場合、生卵または半ゆで卵を避ける必要があります。 食べる卵がゆでており、卵白と卵黄が固まっていることを確認してください。 これにより、食中毒につながる可能性のあるサルモネラ菌が死に、母親は腹痛、吐き気、ゆるい動きの不快感から救われます。
  • 高コレステロールの場合は卵黄を避けるか、卵を完全に避ける
  • シャーベット、アイスクリーム、メレンゲ、ムース、マヨネーズなど、生卵で構成された製品は避けてください。
  • 妊娠中に卵を食べることを決定する前に、有効期限をチェックした後、最も前に、低温殺菌された卵のみを選択することを確認してください。 ひびの入った卵や変色した卵は避けてください。 フロートテストを実行して、卵が悪くならないようにすることもできます。 卵が水に浮く場合は、それらを買うという考えを捨ててください。

妊娠中の女性は何個の卵を食べても大丈夫ですか?

コレステロール値が正常な女性は、1〜2個の卵を消費できます。

そのため、この記事を参照して、これらすべての疑問に対する明確なアイデアを得ることができます。 妊娠中にスクランブルエッグを食べることができますか、妊娠中に目玉焼きを食べることができます。 購入する卵が低温殺菌され、ライオンスタンプ(サルモネラがなく、ワクチン接種されていることを示します)があり、正常に見える限り、調理済みの形で食べることができます。